読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pacmanの使い方

目的

ArchLinuxのパッケージ管理マネージャーpacmanの使い方メモです。

準備

まずは下記のものを用意してください

  1. ArchLinuxマシン

インストール

パッケージのインストール

                    $ sudo pacman -S パッケージ名
                

ローカルパッケージのインストール

                    $ sudo pacman -U パッケージ名
                

削除

パッケージのアンインストール

                    $ sudo pacman -Rns パッケージ名
                

孤立パッケージのアンインストール

                    $ sudo pacman -Rsn $(pacman -Qtdq)
                

アップデート

データベースの更新

                    $ sudo pacman -Sy
                

アップデート

                    $ sudo pacman -Syu
                

検索

パッケージの検索

                    $ sudo pacman -Ss パッケージ名
                

インストール済みパッケージの検索

                    $ sudo pacman -Qs パッケージ名
                

インストール済みパッケージ

インストール済みパッケージの表示

                    $ sudo pacman -Qqe
                

コマンドのパッケージのチェック

コマンドがどのパッケージでインストールされたのかを調べたい時には下記のように実行します。

この場合はifconfigを調べます。

                    $ pacman -Qo `which ifconfig`
                

おわりに

いかがでしたでしょうか。 わからないことなどがありましたら、ご質問だくさい。

2015/7/28

2015/8/10 追記